遺産相続手続き&相続放棄ガイドTOP > 遺言書(遺言状)について

遺言書(遺言状)について

遺産相続でとても重要になってくるのが「遺言書(遺言状)」です。遺言書は被相続人(故人)の最終的な意思表示ですので、原則的にどのようなものよりも優先されなければなりません。そこでここでは、遺言書がなぜ必要なのか?どのような効力があるのか?遺言書の種類はどのようなものがあるのかを説明しています。

スポンサードリンク

遺言書(遺言状)について一覧

遺言書(遺言状)とは?
遺言とは、自分に万一のことがあった場合に、自分の財産(遺産)を「誰に?どれだけ?どのように?」託すか決める意思表示のことで、この意思表示を民法の規定に従って残した物が遺言書(遺言状)です。
遺言能力
遺言書は自分の意思表示を残しておくものですので、基本的に誰でも作成することが出来ますが、遺言能力がないものが作成した遺言書は原則として無効となります。
遺言書はなぜ必要?
遺言書がない場合、法定相続人たちが「骨肉の争い」をすることも考えられ、それを避けるためにも遺言書を作成し、自分の意思を相続人たちに伝え、自分が残した遺産で相続人たちが争わないようにすることが大切なのです。
遺言書で指定できること
遺言書は民法の規定に従って作成しなければ無効となり、また遺言書によって指定できることも決まっていますので、それ以外のものを指定したとしても法的な効力はありません。
遺言書が見つかったら
遺産分割協議が進んでいても、途中で遺言書が見つかった場合には、初めからやり直さなければならないこともありますので、死亡届の提出をした後は、遺言書の有無を確認しなければなりません。
自筆証書遺言
自筆証書遺言とは、遺言をしようとする者が「自筆」で、「全文・日付及び氏名」を書き、署名押印する、3種類ある普通方式の遺言書の中で、もっとも一般的で、もっとも多く利用されている遺言書のことです。
公正証書遺言
公正証書遺言とは、証人2人以上の立会いのもと、公証人が遺言者から遺言の口述をもとに遺言書を作成し、その遺言書の原本を公証人(公証役場)が保管する、3種類ある普通方式の遺言書の中で、もっとも安全性が高いといわれている遺言書のことです。
秘密証書遺言
秘密証書遺言とは、遺言の内容を誰にも知られたくない時に作成する遺言書のことで、遺言書の作成形式は自筆証書遺言とあまり変わりませんが、秘密証書遺言はパソコン、ワープロ等で内容を書いても良いこととなっています。

相続放棄&相続手続項目一覧

相続の基礎知識
遺産分割調停・遺産分割審判 代襲相続 単純承認 限定承認 相続欠格事由   ....More
遺言書(遺言状)について
遺言書(遺言状)とは? 遺言能力 遺言書はなぜ必要? 遺言書で指定できること 遺言書が見つかったら   ....More
遺産相続 手続の順序
遺産相続手続きの流れ 死亡届の提出 法定相続人の確定 相続財産目録の作成 遺産分割協議   ....More
相続放棄について
相続放棄とは? 相続放棄の手続きに必要な書類 相続放棄と代襲相続 相続放棄の撤回   ....More
相続税について
相続税とは? 相続税の税率と計算方法 相続税の税額控除 相続時精算課税制度 準確定申告   ....More
各種手続き
社会保険・年金の手続き 銀行預金の名義変更 不動産の所有権移転登記 株式の名義変更 生命保険金の請求方法   ....More
関連用語集
遺贈 遺留分 遺留分減殺請求 寄与分 検認手続き   ....More
関連ニュース
婚外子(非嫡出子)の相続格差に最高裁大法廷 ダイエー創業者次男が相続税法違反容疑で逮捕 2006事業年度の相続税・遺産申告漏れ調査結果 213億円相続の犬、脅迫受け避難 元開業医の妻が夫の遺産隠し相続税7億2,000万円免れ逮捕   ....More
リンク集&管理者情報
行政書士関連リンク集 行政書士関連リンク集2 行政書士関連リンク集3 税理士・会計事務所関連リンク集 弁護士・司法書士・税理士関連リンク集   ....More